FC2ブログ

薬膳イベント『薬膳芋煮会と紅葉狩り』のご報告

11月23日(日・祝)に足利市の本経寺さんにて、里山系薬膳ユニット『医食住』主催の薬膳イベントを開催しました。
今回のテーマは「去りゆく秋を惜しみつつ、厳しい冬に備えるためのカラダとココロ作り」というもので、秋~冬におすすめの食材を使用し、参加いただいた方々と一緒に、「薬膳芋煮」と「薬膳おはぎ」を作りました。

開催場所の本経寺さんの紅葉はこんな感じ!
本経寺
おかげさまでお天気にも恵まれ、まさに「小春日和」「紅葉狩り」といった雰囲気の中での薬膳イベントになりました。

まずは、「薬膳芋煮」作りです。 
説明中
「食」担当の高倉知子による使用食材の効能の説明、調理指導の下、てきぱきと作業が進みます。
秋~冬のカラダに効く「根菜類」をたっぷり使った芋煮に、もうひと手間を加えた「あるもの」を加えます。

「芋煮」ですから「里芋」が入っているのは当然として、今回のポイントの一つは「じゃが芋」「さつま芋」で作った「芋餅」を入れるということ!
芋餅作り
この「芋餅」も皆さんと一緒に作ってみました。

そして「芋煮」を煮込んでいる間に作ったのは「薬膳おはぎ」です。
おはぎ作り中

3種類のおはぎの大きさがそろうように「タネ」を仕込んでいたのですが、前日に仕込んでおいた「あんこ」が大人気で!
薬膳おはぎ2
「あんこ」たっぷりのおはぎができたのもご愛嬌??

自分で作ったおはぎは、その場で食べてもよし、お土産にしてもいいようにと、経木に包んでお渡ししました。
薬膳おはぎ

薬膳おはぎを作り終えた後は、一休みということで、「医」担当の木村賢治氏のオリジナルブレンドの薬膳茶を飲んでいただきました。
木村氏
前回同様、木村氏の薬膳茶は大好評!
薬膳茶の効能を皆さん熱心に聞いていらっしゃいました。

そうこうしている内に「薬膳芋煮」が出来上がって、皆さんお待ちかねの試食タイムです。
参加者
ほっかほかの薬膳芋煮を召し上がってからのこの笑顔!
皆さんから「おいしい~!」というお言葉を頂戴し、メンバー一同嬉しい限りです。

薬膳芋煮&薬膳おはぎ&薬膳茶を食べたり飲んだりして、お腹もココロもほかほかになって、和やかな雰囲気の中、随時解散となりました。
ご参加いただいた皆さん、お手伝いくださった皆さん、ありがとうございました!

里山系薬膳ユニット『医食住』では、日々の生活に「薬膳の知恵」をプラスしてもらえるよう「楽しみながら学べる」イベントを今後も開催していきます。
イベント開催のお知らせにつきましては、こちらのブログや里山系薬膳ユニット『医食住』のFBページ、各担当講師のHP等でご確認くださいね。
スポンサーサイト



薬膳イベント『邪気祓いの薬膳』開催のお知らせ

告知画像


里山系薬膳ユニット『医食住』&『本経寺』主宰の薬膳イベント『邪気祓いの薬膳』開催のお知らせです!

「邪気祓い」と聞くとなんだかおどろおどろしい感じもしますが…
東洋医学では、ストレスや体調不良など私たちの心と体の健康を害するものを『邪』と呼びます。
今回のイベントではこの『邪』を取り去り、心と体の不調を改善する方法をお伝えします。

当日の内容ですが、二部構成の薬膳講演会+ご祈祷(希望者のみ)+薬膳試食会という盛りだくさんのものになっています。

まず、薬膳講演会の第一部では「医」の専門家の木村賢治による「邪気払いと食養生」の講演を聞いていただきます。

第一部講師紹介
木村画像
木村 賢治
薬剤師、国際中医師。食医学総合研究所代表。
調剤薬局に勤務し実践的な栄養指導を、漢方薬局では東洋医学を学ぶ。
西洋栄養学と東洋薬膳を融合させた食事指導を実施。
独立後、食医学総合研究所を設立。
講演活動や執筆活動の傍ら医学薬学、栄養学のみならず歴史学、宗教学、民俗学、社会学などを背景にした食医学を研究。

薬膳講演会の第二部では「食」の専門家の高倉知子による「手作り料理で薬膳」の講演を聞いていただきます。

第二部講師紹介
高倉画像
高倉 知子
中医薬膳営養師、薬膳料理のマンツーマンレッスン『楽しく薬膳』主宰 
「おうちごはんで薬膳!!」がモットー。カウンセリングによる薬膳アドバイス、薬膳イベントやセミナー講師、地域情報サイトやネットショップ等への薬膳レシピ&レクチャー提供等で活躍中。
HP:http://tanoshiku-yakuzen.com/
ブログ:http://yakuzenblog.jugem.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/tanoshiku.yakuzen

薬膳講演会に続いて、「住」の専門家の清水壇龍による「ご祈祷」を行います。
ご祈祷画像
こちらは「希望者のみ」となっています。お申し込みの際にその旨をお知らせください。

その後、みなさまお待ちかねの薬膳試食会に入ります!
今回は春に起こりやすい心身の不調を改善することを目的とした「春の開運結び膳」と『邪』を祓って福を呼び込む「厄祓い茶」をお出しする予定です。

詳細につきましては、下記をご覧ください。
-----------------------------------
日 時:2014年4月20日(日曜) 10:00~14:00(終了予定)
    
会 場:足利市 本経寺
     〒326−0817 栃木県足利市西宮町3806−2

参加費:2,000円

定 員:50名(事前お申し込み/先着順)
    お申し込み締め切り日は『4月13日(日曜)』とさせていただきます
-----------------------------------
<タイムスケジュール>
 受付開始 9:45~
 薬膳講演会 10:30〜12:30
  第一部:邪気払いと食養生
  第二部:手作り料理で薬膳
 ご祈祷(希望者のみ) 12:45~           
 薬膳試食会 13:00~
-----------------------------------
<お申込み方法>
 1. お申込み専用フォーム
    http://form1.fc2.com/form/?id=900098
 2. お電話
    0284-21-6476
 3. FAX
    0284-21-6478
    ※ お電話とFAX対応は、医食住事務局『棲龍山 本経寺』となります。

上記いずれかの方法でお申し込みをお願いいたします。
また、なにかご不明な点やご質問等がありましたら、上記お申込み専用フォームもしくは下記メールアドレスからお気軽にお問合せくださいね。
satoyama89@gmai.com

里山の自然を感じられる足利市『本経寺』で、天と地の恵みをあつめた「薬膳」と、神仏の「気」を頂く「加持」をあなたも体験してみませんか?

みなさまからのお申込み&お問い合わせをお待ちしております!                      

里山系薬膳ユニット『医食住』とは?

はじめまして。
私たち『医・食・住』は、薬剤師による「医」、薬膳料理研究家による「食」、坊主による「住」の里山系薬膳ユニットです。

『医食住』の目的とは、心身共に健康になる方法を常に探求し、その土地の文化や伝統と郷土食の力を見直すことで日本人の精神の源である里山を敬い、それを維持していくことです。

「医」「食」「住」それぞれの専門家が得意分野をいかし、こころとからだを健やかにするための生活の知恵をお伝えしていきます。

現在のメンバーはこの4人!

「医」担当:木村賢治
「食」担当:高倉知子、森尻衣子
「住」担当:清水壇龍

こちらのブログでは『医・食・住』の活動のお知らせ&ご報告を随時していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

プロフィール

医食住

Author:医食住
『医・食・住(いしょくじゅう)』とは?

東洋医学による「医」、料理による「食」、住職による「住」の薬膳ユニットです。
心身共に健康になる方法を探求し、その土地の文化や伝統食の力を見直すことで日本人のこころのよりどころである里山を敬い、それを維持していくことを目的としています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる